Repair

2017/06/09

 

 

 

古い糊が切れて緩んでいた接合部を一度バラし、組み直します。

 

接着剤はドイツのkleiberit(クライベリット)社のもの。

家具の産地大川の木工所で大好評らしく、今回始めての使用。

 

いつも使っているボンドと勝手が違い、作業に関して課題が残る。
もうしばらく使ってみます。

しかし、接着強度はかなり高そうです。

近いうちに接着力のテストでもしてみます。

 

 

 

 

 

汚れがひどかった引出しの底板をやり変え。

また、足元の繋ぎの部材が欠損していたため新たに製作。

引出しの箱、前板、天板等全ての面をサンドペーパーにて研磨。

 

新たにつくった部材を組み、引出しの調整をしてリペア完了です。

 

 

 

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 >