Assembly

2017/04/24

 

パーツにバラしたら、その状態で汚れ落としと研磨。

ラッカーシンナーとスチールウールで表面の汚れや劣化した塗装をある程度落とします。

そのあとサンドペーパーにて研磨。

 

それから接合部の劣化した接着剤をきれいにして、
新たにボンドを入れ組み直します。

 

今回の机は、引出しのガイドになる桟が欠損していたので

新しい材料で部材をつくり、固定。

引出しの箱も丸々無くなっていたので、本体に合わせて新たに製作。

 

 

 

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 >