Flush structure

2017/04/09

 

取引先様からご依頼の什器制作。
普段はあまりやりませんが、ポリ合板やメラミン化粧板といった材料での制作です。

 

写真は什器の扉で、フラッシュと呼ばれる構造。
木の芯材で骨を組み、両面に合板を貼ってパネルを作ります。

 

無垢材による製作に比べ、軽量で狂いが少ないという特徴があり

また、材料代が比較的抑えらるというのも大きなメリットです。

安価な量産家具はこのフラッシュ構造がほとんどです。

 

 

 

 

什器本体はボックスをビスで組み、

後から速乾ボンドを吹き付け、ポリ合板・メラミン化粧板を貼って仕上げます。

同じ木工とはいうものの、無垢とポリメラでは大分勝手が違いますね。

 

 

 

 

 

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 >