Surface preparation

2017/04/01

 

鉋を掛けると素材の表面が平滑に仕上がりますが、

ツルツルになり過ぎてそのままだと塗料を少し弾いてしまいます。

 

そこで鉋掛け後、サンドペーパーで塗装のための素地調整。
ピシッと仕上げた面を崩さないように注意しながら行います。

 

フレームの正面も細かな確認をしながら最終調整。

 

 

 

 

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 >